あつもり

視力回復や1日2食、音楽記事などを書いているブログです

きつくない鍛え方!通勤時に握力をアップさせる方法

2017年6月25日更新

この記事のストイック度は70%です。

握力が強いって憧れますよね。日常生活でも色々と役に立つし。固くてなかなか空かないビンの蓋。サクッと開けたらかっこよくないですか~?

握力が80Kgあれば、リンゴを握りつぶすことだってできます。コツさえつかめば握力65Kgあれば、握りつぶせるらしい。僕はこれがやりたくて握力を鍛えはじめたんです。

リンゴを握りつぶす動画がYOUTUBEでたくさんアップされてますね。握力65kgでつぶすのはちょっとしんどそうですが・・

継続して握力を鍛えるアイデア

鞄に重りを入れて通勤時に鍛える

車通勤の方や、自宅で仕事をしてる方は、ちょっとした外出時に鞄を持ち歩くようにすると良いです。たとえ短時間でも効果がありますよ。

鞄に入れているもの

・鉄アレイ2kgを2本

・折り畳み笠

・音楽の雑誌2冊

・マンガや本、2冊

・水筒

すべてあわせて計7kgです

普通に持ってるだけではすぐに慣れてしまうので、腕を曲げて持ちます。鞄をおしりの高さくらいまで持ち上げます。そのまま歩きます。これがけっこうキツ~い!こうすることで結構な負荷が腕、手首、指にかかります。

さらに鞄の持ち手をギュッと握りこめば負荷がアップ!左右の手を交互に行ってください。もう限界っ!ってなったら逆の手に交代すると良いです。

このトレーニングの良いところは、続けやすいというところですね。会社通勤している人であれば、鞄は必ず持っていきますよね。重りを鞄に入れて置けば、通勤すること自体がトレーニングになるんです。

グリップなんかで、1日何回やるとか決めるとなかなか続かない。はじめはいいんです。やる気があるうちは。でもできない日が続いたりすると、やらなくなっちゃう。飽きちゃうですよね。

単調なトレーニングなのでなかなか続かないんですよね。その内やると決めたこと自体忘れてしまう。トレーニングを始める時に大事なこと、それは続けられるようなトレーニングにするということです。1日30回と決めてもやらなくなるのであれば、1日5回でも続けたほうが絶対いいです。

辛くなってきたら休むことも大事ですね。絶対毎日続けなければいけないことはないんです。しばらく休んで、気持ちをリフレッシュすることも大切。

筋肉を鍛える前に気持ちが萎えてしまっては元も子もないですよ。

鞄腕曲げトレーニングの注意点

重りは少しずつ増やしていく。

重りはなんでもかまいません。僕は鉄アレイを買う前は、ACアダプターを入れてました。重さがあるものならなんでもOKです。辞書なんかいいかもしれませんね。

いきなり詰め込みすると鞄が重くなって、肩、ひじ、手首に負担がかかります。初めは3Kgくらいにして、慣れてきたら少しずつ増やしていきましょう。

慣れないうちは1日おきにしたほうがよい。

結構な負荷が腕や肩、手首などにかかります。次の日、肩がこってずっしりと重くなっているなんてことがあります。腰が痛くなることもあります。疲れてきたら休もう!たまに休んだほうが筋肉も成長しやすくなるし。

鞄の持ち手に負荷がかかる

持ち手が常にギシギシ鳴ってます。常に7Kgの負荷がかっているんだから、鞄の寿命は普通に使ってるより短くなりますね。

握力を鍛えて得た3つのこと

30Kgの米俵を持つのが楽になった。

以前は精米所から、米俵を車まで運ぶので精一杯。ほぼ腕の力と握力が0になってました~。指がジワーンとして感覚が鈍くなる感じ。次の日まで腕や手のダルさが残っていました。今では半分くらい余力が残っています。この時初めて、握力があがったことを実感しましたね。今までどれだけナヨッてたかが、よくわかりました・・・。

固いビンのフタが開けれるようになった。

ビンのフタを開けるのに、顔を真っ赤にして格闘してました。サクッとはいきませんが、前より時間をかけずに開けれるようになりました。

グリップを閉じれる回数が増えた

50kgのグリップですが、買った当初は2回くらいしか閉じれませんでした。今は20回くらい閉じれます。あとドンキーホーテに行くたびに、スポーツ用品売り場で70Kg握力グリップを握っています。ゴリラの絵が目印のグリップです。

このグリップ、初めは全く動きませんでした・・・ビクともしなかったですね、なんじゃこれっ、て感じでした。トレーニングの結果、1cmくらい動くようになりました。

おわりに

いかがでしたか?日常生活でそれほど強い握力は必要ないかもしれません。ただ握力が強いほうが何かと便利ですよ。興味があるかたは鞄腕曲げトレーニングしてみてください。

www.atumori.biz

www.atumori.biz

www.atumori.biz

www.atumori.biz