あつもり

視力回復や1日2食、音楽記事などを書いているブログです

テンションが上がる80年代アメリカンハードロックおすすめ名盤ベスト5

こんにちはあつもりです。今日は80年代洋楽ハードロックのおすすめアルバ厶ベスト5を紹介します。80年代と言えばMTVの時代。商業ロックと呼ばれMTVで映像を流しまくり売ることが全てみたいな風潮がありました。

 

ラットやモトリクルーなどのLAメタルと呼ばれる派手なロックが流行った時代でもあります。今日はそんな80年代のアメリカンハードロックのおすすめの名盤を紹介します。

SLIPPERY WHEN WET[BON JOVI]

1986年リリースの3枚目のアルバムでボン・ジョヴィの中でも名盤とされているアルバム。オープンニングのシンセサイザーのゴージャスな音が時代を感じさますね~。2の「You give love a bad name」から3「Livin' On A Prayer」の流れがこのアルバム聴きどころ。

両方ともキャッチーで耳に残るメロディで、テンションが上がる演奏がいい。この2曲は初期ボン・ジョヴィの名曲ですね。ボン・ジョヴィらしいウェスタンの曲や、バラードもあってダレずに一気に最後まで聴けるアルバムです。

Dr Feelgood[Motley Crue]

MOTLEY CRUEの5枚目のアルバムで1989年にリリースされた。ボブロックをプロデューサーに迎え、骨太でリッチな音、力強いグルーブ感が気持ちいいアルバムです。特に存在感あるドラムの音が素晴らしく、メタリカのラーズウルリッヒがこのドラムのえらく音を気に入って、ブラックアルバムのプロデュースをボブロックに頼んだのは有名な話。

「Dr.Feelgood」のようなボトムの効いたヘビーな曲から、 「Kickstart My Heart 」のような弾けるようなスピードナンバーあり、 「Without You」や「Time For Change」のようなバラードもありで聴きごたえのある楽しいアルバムです。

APPETITE FOR DESTRUCTION[Guns n' roses]

1987年リリースのガンズアンドローゼスのファーストアルバム。全世界で2800万枚以上売り上げたモンスターアルバム。80年代ハードロックの的なアルバムでロックの歴史の中でも名盤として取り上げられることが多い作品ですね。

ノリノリで華やかなパーティーロックは80年代のリッチな時代を思い出しますね~。エアロスミスやレッドツェッペリンなんかの70年代ハードロックからの影響とパンクテイストをブレンドしてオリジナリティ溢れるアルバムになってます。

特に超ハイトーンボイスとローボイスを巧みに使い分けるアクセルローズのキャラが濃すぎっ。まあアクセルだけじゃなくて他のメンバーも凄いメンツですけど。

1984[Van Halen]

1984年リリースの6枚目のアルバム。夜が明けた時のような希望に満ち溢れたサウンドではじまる「Jump」。そして続く「Panama」はこれぞアメリカンロック的な開放感に溢れたロックンロールナンバー。

アドレナリン出まくりです。2曲ともとってもポップなんだけど、野性的なデイブの歌声で歌う事でワイルドさがいい感じでブレンドされてポップになり過ぎてないのがいいっ。間違いなく80年代を代表する名盤の一つです。

Skid Row [Skid Row]

1989年リリースのファーストアルバム。ボンジョビの幼馴染ということで音楽性は似ている。ボンジョビをより激しくワイルドにした感じ。AC/DCやエアロスミスの影響も伺えるけど、ボーカルのセバスチャンバックが敬愛するジューダスプリーストのような正統派ヘビーメタルテイストも入っている。

ハードロックし過ぎずにメタル的な要素が入っているところが好きですね?。セバスチャンバックですけど、とにかくパフォーマンスがカッコイイです。フロントマンとしてライブを盛り上げるのが上手いっ。

ぜひライブ映像を見てみてくださ?い。あとこのバンド、バラードがいいっ。「18 and life 」「I remember you」は名曲。今聴いても染みる?っ。